防災シンポジウムを開催します!!!

震災から2年以上経過した今、被災地のニーズは多様化・複雑化しており、まだ支援が必要とされているにもかかわらず、世間では震災・被災地への関心が薄れてしまっています震災の記憶の風化を防ぐこと、そして日頃の防災意識を滋賀の人々に高めてもらうことを目的に今回のシンポジウムを開催します

私たち田の浦ファンクラブ学生チームは、東日本大震災後より、宮城県本吉郡南三陸町歌津田の浦地区に入り支援活動を行ってます。これまでの支援活動で滋賀の方々からたくさんのご支援・ご協力をいただき、田の浦と滋賀のつながりができました

今回の防災シンポジウムは、田の浦の漁師の方々から東日本大震災の被害状況や現状、そして岡田誠司氏から当時の阪神淡路大震災の被災状況その後の復興まちづくりについてお話しいただきます特に滋賀の方々には同じ関西圏の神戸の話で、より震災を身近に感じてもらい、防災まちづくりのヒントを得てもらいたいと思います

 

1.名称   防災シンポジウム

2.日時   6月22日(土) 13:30~15:30 防災シンポジウム 13:00開場

3.場所   滋賀県立大学共通講義棟A7-102

4.主催   滋賀県立大学近江楽座 田の浦ファンクラブ学生サポートチーム

             (後援 NPO法人環人ネット)

5.講師   宮城県本吉郡南三陸町歌津田の浦地区漁師の方々

       岡田誠司氏(NPO法人KOBE鉄人PROJECT事務局局員)

参加人数 100

       持ち物不要、参加費無料

.内容   1)大田啓一理事長・学長による挨拶

       2)学生による田の浦の紹介田の浦での活動発表

       3)田の浦漁師の方々による被災経験・被災地の現状について

       4)岡田氏による神戸長田の復興まちづくりの教訓について

       5)鵜飼修准教授による提言(まとめ)

 ※尚、田の浦ファンクラブに関しては以下のHPを参考にしてください

田の浦ファンクラブHP:http://www.e-tanoura.com/

 ※防災シンポジウム中に寄付金BOXを用意し、寄付金を集めます。

以上